婚活、結婚、恋愛なら総合情報サイト【コンカツ】

無料で理想の相手が探せる・恋活アプリを徹底リサーチ

「マッチングアプリ」「Facebook恋活」とも呼ばれる恋活アプリは、年齢・職業・趣味・住んでいる地域といった基本情報はもちろん、外見検索もできるから、理想の相手が見つかる可能性大!結婚はまだ考えていないけれど、まじめにつき合える相手を探している人におすすめです。

どんな人が利用しているの?

「出会いがない」「ドキドキする恋がしたい」「理想の彼氏(彼女)がほしい」そんな人たちが、実はこっそり使っているのが恋活アプリです。 恋人探しが目的なので、利用者の多くは20代~30代前半の男女。いつでも、どこでも自分のペースで活動できる手軽さが人気の理由です。

ほとんどの恋活アプリは、Facebookのアカウントがあれば、すぐに利用できます。
気になった相手に「いいね!」を送り、相手からも「いいね!」がもらえたら、マッチング成立!
成立後は個人で連絡をとり合い、交流を深めます。マッチング成立から実際に会うまでの平均期間は1~2ヶ月くらいです。

結婚を前提としないので、婚活よりハードルが低いと言われていますが、恋活アプリがきっかけで結婚したカップルも少なくありません。
会員数が100万を超える人気アプリもありますし、マッチング成立した約半数のユーザーがお付き合いに発展したというデータもあります。
女性は登録料・利用料なしで、条件検索できるものがほとんどなので、自分の使いやすいアプリを見つけて恋活に励んでみてはいかがでしょうか。

もちろん、婚活と並行して恋活アプリを使うのもアリです!

毎月1万組以上のカップルが誕生している婚活サイトもあるので、自分に合うサイトを見つけて、積極的に取り組みましょう。

恋活アプリのメリット・デメリットは?

メリット デメリット
  • 料金が安く、手軽に利用できる
  • Facebookアカウントがあれば登録できるため、面倒な手続きをしなくていい
  • 遊び・いたずら・ひやかし目的のユーザーもいる
  • 万が一、トラブルが起きても自己責任
  • 恋愛がメインなので、結婚への意識は低い
  • 写真掲載の有無によってマッチング率が変わってくるため、写真をアップすることに抵抗がある人には不向き
  • 20代の利用者が多く、外見重視の傾向がある

女性は完全無料で使える恋活アプリが多く、Facebookのアカウントがあれば、すぐに始められます。ただ、アプリ内でのやり取りが主なので、実際に会うまで分からない部分も多いです。

知ってる?恋活と婚活の違い

恋活と婚活では、目的(ゴール)が違います。
恋活は結婚を意識していない人が自分のペースで取り組む恋人探し、婚活は一日でも早く結婚したい人の結婚相手探しです。
また活動の場も異なり、恋活はアプリ内でのやり取り、婚活は婚活パーティー・結婚相談所など、最初から相手と直接会う場面が多いです。
婚活は相手も結婚を意識しているので、出会いから結婚まで発展するスピードが早いですが、恋活は結婚が前提ではないこともあり、お付き合いに発展するのかどうかは本人次第です。

恋活 婚活(結婚相談所の場合)
年齢 20代~30代前半 20代後半~40代
目的 ドキドキしたい・恋がしたい・恋人がほしい 安定したい・結婚したい・結婚相手を見つけたい
活動スタイル 登録・検索・アプローチ・相手と会うセッティングなど、自分から動く積極性が必要 専門スタッフが希望条件に合った相手を複数紹介してくれる

◆安心して使える恋活アプリの選び方◆

手軽さが人気の恋活アプリですが、どのアプリでも安心して使えるとは限りません。安全性の高いアプリを見極めるポイントを3つ紹介します。

1:セキュリティ対策

ほとんどの恋活アプリはFacebookと連携して使います。実名が表示されないか、タイムライン上に流れないか、Facebookの友達に知られないか、使い方や仕組みを事前に見ておきましょう。

2:年齢確認・本人確認

異性紹介サイトは18歳以上の年齢確認が義務付けられています。年齢認証が徹底されているか確認しましょう。

3:サポート・監視体制

迷惑行為をするユーザーをブロックしたり通知する機能があるか、悪質なユーザーを見つける監視体制が整っているかチェックしておきましょう。

安全性が高い恋活アプリ
ペアーズ Omiai DMM恋活
20代の入会が増えているってホント!?イマドキの結婚相談所事情