婚活、結婚、恋愛なら総合情報サイト【コンカツ】

友だちといっしょに参加できる♪街コンを徹底リサーチ

20代を中心に参加者が増え、盛り上がりを見せている街コン。
年代別や企画から選べるのはもちろん、最近は1,000人~1万人規模のイベントまで幅広いラインナップが魅力です。同性の友だちと美味しいものを食べながら楽しく過ごしたい人、気軽に異性と知り合いたい人は要チェックです!

どんな人が利用しているの?

街コンの魅力は主に2つ。
1つは、美味しいお店をハシゴしながら、異性と出会えるところ。もう1つは、同性の友だちと2人1組で参加できるところです。

「人気のお店で食事を楽しみながら、異性と楽しく過ごしたい」
「ふだん出会えない異業種の人たちと会ってみたい」
「合コンや婚活パーティーに参加する勇気はないけど、友だちと一緒の街コンなら参加できそう」
「結婚はまだ考えていないけど、恋人はほしい」
そんな理由で参加する人が多いです。

もともとは地域活性化の目的でまった街コンですが、今では20代を中心に気軽な出会いの場として人気があります。
特に最近は1,000人以上(なかには1万人規模まで!)の街コン企画や参加者数が増えていて、ますます盛り上がりを見せています。

結婚相手を探す「婚活」より、気楽に付き合える異性を探す「恋活」や「友活」がメインなので、結婚を急いでいない人、友だちからスタートするライトな出会いを探している人におすすめです。

街コンのメリット・デメリットは?

メリット デメリット
  • 同性の友だちといっしょに参加できる
  • 幅広い年代、異業種の人と知り合える
  • イベントを楽しみながら仲良くなれる
  • どんな人が参加しているか当日までわからない
  • サポートしてくれる人がいないことが多いので、自分から積極的に動く必要がある
  • 合コンや婚活パーティーに比べて参加料が高い
  • 身分証の提示が必須ではないので、既婚者が参加しているケースもある
  • 思っているほど、たくさんの異性と話せない
  • 既婚者・恋人がいる人も参加している
  • 大学生や20代の参加が多い

美味しい料理を食べたり、飲んだりしながら、友だちと一緒に参加できるのが最大のメリット。
デメリットもいくつかありますが、意外と知られていないのが、思っているほどたくさんの相手と話せないことです。

実はタイムスケジュールが決まっていて、街コンの平均時間は3時間くらい。お店を移動する時間も含まれているので、街コンで出会えるのは、5・6組程度と言われています。つまり、 「参加者が多い=出会える人数が多いではない」ではありません。

企画内容から、大学生や20代の参加率が高いのも特徴で、アラサーやアラフォーが参加すると空振りに終わることが多いです。
最近は年齢を区切っているイベントも増えているので、参加するときは年齢条件をしっかり確認しましょう。
また、身分証明書の提出が義務づけられていない街コンの場合、誰でも気軽に参加できる反面、どんな人が参加しているか不透明な部分も多いので、参加条件に身分証の提示が含まれている街コンを選ぶようにしましょう。

街コンで出会って結婚した人ってどれくらい?

婚活に励む人たちにとって、敷居が低い分、街コンは結婚につながりにくいイメージがありますよね。
日経MJ調べによると、街コン参加者のうち、後日デートをした人は35.2%、恋人ができた人は9.2%、結婚または婚約した人は3.4%だったそう(2013年データより)。

…で、「3.4%」が高いのか、低いのかという点が気になりますよね。
結婚相談所の場合、成婚率の出し方が相談所によって異なるので、一言では言い切れませんが、オーネットとツヴァイは20~23%くらい、IBJメンバーズが50%と公表しています。
単に、カップルになれた確率だけを見ても、街コンをきっかけに結婚できる可能性は、かなり低いと言えますね。

ただ、自分から積極的に声をかけられる人、初対面の異性にアピールできる人に街コンは向いています。
結婚相談所は料金が高いし、婚活パーティーに参加するほど本気度も高くない、そんな人は婚活サイトやアプリを使いつつ、街コンにも参加するスタイルをおすすめします。

20代の入会が増えているってホント!?イマドキの結婚相談所事情