婚活、結婚、恋愛なら総合情報サイト【コンカツ】

会って・話して・アピールできる婚活パーティーを徹底リサーチ

「お見合いパーティー」「カップリングパーティー」とも呼ばれる婚活パーティーには、結婚を意識した幅広い年齢の男女が参加します。リーズナブルな料金で参加できるうえに、結婚相談所ほどの堅苦しさもなく、たくさんの異性と出会える人気の婚活スタイルです。婚活パーティーには、さまざまな種類があり、毎日どこかで開催されているので、自分に合うプランを見つけてどんどん参加しましょう。

どんな人が入会しているの?

男女とも20~40代が多く、女性は会社員が中心。男性は上場企業社員・会社経営者・公務員・有資格者など、一定の収入がある人が多い傾向が見られます(男性参加者の約85%が年収500万以上という婚活パーティーもあります)。

参加者の主な理由は、
「男ばかりの職場で恋愛のチャンスがない」
「仕事が忙しく、異性と知り合う機会がない」
「まわりは既婚者ばかりで、恋愛対象になる相手がいない」
「理想の結婚相手が身近にいない」などが挙げられます。

基本的に、本気で結婚したいと思っている人が参加しているので、カップル誕生率が40%を超えるパーティーも珍しくありません
婚活サイトと違って直接話ができるので、職業・年収・家族構成・結婚観などを知ることができ、ミスマッチが起こりにくいのも特徴です。
ただし、参加するだけで出会いが増えるわけではないので、自分からアピールする積極性は必要です。

もし「異性の知り合いがほしい」「まずは友達からスタートしたい」「結婚はまだ考えられない」という人は「恋活」寄りの企画や合コンに参加されることをおすすめします。

イベントを探して、積極的に参加しましょう!

婚活パーティーのメリット・デメリットは?

メリット デメリット
  • 参加費が安い
  • 一度にたくさんの異性と出会える
  • 本気で相手を探している人同士が参加するので、カップル誕生率が高い
  • 身元がはっきりしているので安心感がある(運営会社による)
  • スタッフのサポートが得られる(運営会社による)
  • 一人当たりのトークタイムが短い
  • 大人数の場合、全員のことを覚えてられない
  • 短時間でコミュニケーションをとらないといけないので、ある程度の積極性が必要
  • 年齢制限・条件によって参加できないパーティーがある

ほとんどのパーティー会社が「1対1の会話形式」を採用しているので、参加したのに誰とも話せなかったということは起こりませんし、進行役のスタッフがいるので気まずい雰囲気にもなりにくいです。

あなたに合うのはどのタイプ?婚活パーティーの主な種類

大人数パーティー 中人数パーティー 少人数パーティー
参加人数:15~50人程度 参加人数:10~20人程度 参加人数:10人以下
男性が1つずつ席を移動する回転寿司スタイル。一人ひとりと話す時間は短いが、フリータイムで気になった相手と話すチャンスがある。 適度な人数で参加しやすく、大人数パーティーより一人ひとりと話す時間が長い。 個室や区切られたブースで1対1のトークタイムをメインにしたお見合い形式。まわりを気にせず、落ち着いて話ができる。
こんな人におすすめ こんな人におすすめ こんな人におすすめ
  • たくさんの人と出会いたい
  • 短い時間で積極的にアピールできる
  • ルックスに自信がある
  • 初めて婚活パーティーに参加する
  • 大人数だと馴染めない、少人数だと緊張してしまう
  • 大勢が集まるパーティーで自分をアピールするのが苦手
  • 外見はあまり重視しない
<代表的な婚活パーティー会社>
エクシオ パーティーパーティー シャンクレール Rooters クラブチャティオ

婚活パーティーは、参加人数・料金・プラン内容から、参加したい企画が選べます。

    ●初めて婚活パーティーに参加する人が割引になる「初参加の方歓迎編」

    ●いっしょに料理をしたり、スポーツを楽しむ「クッキング・趣味コン編」

    ●ハイスペックな男性との出会いを求める人の「男大卒Executive編」 「年上ハイステータス男性との出会い編」

    ●結婚願望のある人同士が集まる「ステキな出会いがあればすぐ結婚編」「半年以内に結婚希望者限定編」などが人気です

まだまだ、いろんな企画があるので、目的に合ったイベントを探して、積極的に参加しましょう!

20代の入会が増えているってホント!?イマドキの結婚相談所事情