婚活、結婚、恋愛なら総合情報サイト【コンカツ】

スポーツ合コンで出会いがあるかも♥ベストパートナー

趣味コン「ベストパートナー」の概要

趣味コンベストパートナーの詳細
引用元:ベストパートナー公式サイト
http://fcop.jp/

名 称: ベストパートナー
参加者数: 平均10~20人
男女比: 5:5
カップル成立数: 不明
参加費: 男性5,500円・女性3,000円
※イベントによって異なる
申込方法: インターネット
入金方法: クレジット決済・コンビニ決済 

ベストパートナーはこんな人にオススメ!

  • 20代~40代の男女
  • 体を動かすのが好き
  • スポーツは苦手だけど、楽しみたい
  • イベントを楽しみながら異性と話したい
  • 一人で参加するのが不安
  • 婚活パーティーや合コンが苦手

趣味婚「ベストパートナー」のおすすめポイント

パートナーと出会えて運動不足も解消できる!?

ベストパートナーは、フットサルやボウリングなどのスポーツを通して婚活する「スポコン」を企画している会社です。

スポーツを通して自然に生まれるコミュニケーションを活かして婚活を進めていくので、消極的な方でも出会いのチャンスが広がります。

また、スポーツの種類はさまざまで、フットサルやバスケットボールなどの球技はもちろん、球技が苦手な方も気軽に参加できる、ランニングやボルダリングなどのイベントも用意。
あくまで出会いが目的なので、スポーツ自体は遊び感覚で行われますし、未経験の方に対しては、専門のコーチが指導してくれる時間も設けられているので安心です。

婚活に関しても、スタッフの方がイベントを積極的に盛り上げたり、会話を誘導してくれたりするなどしっかりとフォロー。
イベント終了後に行われるカップリング集計の結果も、本人達以外にはわからないよう配慮してくれるので、カップル成立後のお付き合いもスムーズに進められます。

フットサルイベントの流れはこんな感じ

(1)受付
イベント開始時刻の30分前から受付開始。更衣室などは混み合うことが予想されるため、余裕をもって行動しましょう。

(2)自己紹介タイム
準備用意ができたら、1対1の自己紹介タイム。一人あたり2分ほどの簡単な自己紹介ですが、参加者全員と話すことになるので、あらかじめ話す内容を準備しておいた方がいいかもしれません。

(3)フットサル (練習)
専門のコーチが、ボールの蹴り方などの基本的な動作を指導してくれます。時間にして10~30分ほどの軽いもの。
楽しく丁寧に指導してくれるので、未経験の人でも安心ですね。

(4)フットサル(ゲーム)
男女混合でチームを作り、一時間ほどのゲームを行います。チーム替えを随時行うので、決まった方ばかりではなく、多くの方と交流することが可能です。

(5)フリータイム
1回5分のフリータイムが3回用意されていて、1対1で話すのも自由ですし、グループで盛り上がるのも自由。1対1で話すのが苦手な方のために、スタッフの方がグループで話すための席を設けてくれるそう。

(6)最終投票
気になった方を3人選び、投票を行います。

(7)結果発表
カップルになった方の発表は行わず、投票の結果が集計された紙を参加者それぞれに配布。カップルが成立した本人達だけにわかるように配慮してくれます。

(8)解散
カップルが成立した場合は、男性から女性へ声をかけ、連絡先を交換したり、食事へ行ったりする方が多いそうです。
スムーズに移動するために、事前に周辺のお店の情報を調べておくといいかもしれません。

ベストパートナーのイチオシ企画をチェック!

ベストパートナーは、初対面でもすぐ打ち解けられるイベントが目白押し!フットサルやランニングなどのスポーツイベントから、水族館や動物園をまわるものまで幅広く用意されています。今回はそのなかから、イチオシ企画を3つご紹介しますね。

■フットサルコン&Fリーグ観戦コン
・参加条件:20歳以上の独身の方
・参加料金:男性6,000円・女性2,500円
人気のフットサルコンと、Fリーグ(日本フットサルリーグ)の試合観戦がセットになったイベントです。さらに、現役の選手や元選手だった方に、フットサルの指導をしてもらえる特典付き。

新宿ダンスコン♪音楽に合わせてヒップホップダンス
・参加条件:20歳以上34歳以下の独身の方
・参加料金:男性6,000円・女性3,000円
プロのダンス講師に指導してもらえる、初心者から経験者まで楽しめるイベントです。全身を使うことで、シェイプアップ効果も期待できます!

■動物園コン 相席屋との完全コラボ企画 飲み会付
・参加条件:30歳以上、39歳以下の独身の方
・参加料金:男性8,000円・女性5,000円
上野動物園を見てまわる、女性に人気の高いイベントです。動物園をまわった後は、有名居酒屋「相席屋」でビュッフェスタイルのアフターパーティーに参加し、より交流を深めることができます。

趣味婚「ベストパートナー」の口コミ

趣味婚「ベストパートナー」でステキな出会いを見つけた人の体験談を一挙公開!

私に趣味コンは向いていないとわかった

ランコン東京in皇居」に初めて参加してみました。
婚活パーティーも年代別で区切られたりしていますが、ランコンみたいに運動をするスポーツだと年齢層も若めですし、太った気持ち悪い系の男性がいないのが良かったな、と思います。

最初にランニングステーションで受付。他のランステ利用者を前に受付をするので、少し恥ずかしい(笑)
ここで番号札とバインダー、アンケート、ボールペンなどを受け取ります。

ランニングステーション麹町で着替えを済ませて、待合所で開始時間になるまで待ちます。
連絡先交換カードはこの時間に書きます。これは皇居1周した後のフリータイムで交換することになります。
友達同士で来ている男女もいましたが、たいてい、一人参加なので、静かに待ちました。

開始時間になると、外に出て、参加者男女30人くらいで準備体操。その後、男女ともに整列して散歩から始まります。
女性は動かないですが、男性が順番に動いて、代わる代わるトークしていきます。

ランステから歩いて皇居につくと、ラン開始! 話せるペースでのランニングをします。
皇居は5キロで、多くのランナーは30分~40分で走るのですが、このランコンでは1時間たっぷりかけます。
少し運動している人ならまったく問題ないレベルで、ランニング経験者だと遅すぎてイライラするかも(笑)
走りながら話すときは、相手の声が聞こえないので、自然と距離が近くなりました。

ランステに着いたら、フリートークです。男性が積極的に動いて、女性は待ちのスタイルになりますが、スタッフさんが上手にフォローしてくれました。
婚活パーティーや街コンだと「一人ぼっち」になる人が必ずいますが、それがないのがよかったです。
このフリータイム(5分くらい)は3回あって、このときに連絡先交換をします。
残念ながら、「チャラい男性」「20代前半で年齢が合わない」「会話が噛みあわない」という理由で、私は興味を持てる相手がいませんでした。
なので、スポーツだけ楽しむ感じで終わりました。

イベント参加者のブログより引用・編集

コンカツ編集部の

ワンポイント・アドバイス

どういう人と出会えるのか、理想と少し違ったようですね。ベストパートナーはいろんな種類のイベントを開催していますから、自分の理想の男性ならどういった種類のイベントに参加するだろう?と想像してみて、出会えやすそうなイベントを選択するのもアリですね。


婚活よりスポーツ目的?ランニング合コンに初参加

スポーツ合コンを専門とするベストパートナーに行ってきました。

開始早々に1対1での会話時間があり、その後はみんなでランニング、フリータイム、結果発表という流れで進められました。

ほかの会社のランニング婚活と比べると、ベストパートナーはスポーツクラブに定期的に通っているような本格的な服装の人が多かった気がします。
そのためか、毎週がっつり走ってる人が集まっているというイメージでしたね。
しかも、女性はすっぴん率が高め。どちらかというと、婚活というよりはスポーツを目的とした人が多いのでは?と思いました。

今回は人数が多いこともあり、1時間のランニング中に的を絞って話しかけることがポイントでした。
また、ランニング合コンの後は、みんなでお茶し、後日リレーマラソンに参加することになりました。

イベント参加者のブログより引用・編集

コンカツ編集部の

ワンポイント・アドバイス

趣味コンに参加している人は、自然に出会いたい!と思っている人が多いと思います。婚活サイトにきめきめの写真を載せてアピールしたり、婚活パーティーでがつがつ話しかけたり、そうではなくで自然体のまま一緒に居たいと思える人との出会いを探しています。

仲良しグループを作りに来たのではないのに、と思う方は1対1で出会える個室お見合いパーティーや結婚相談所を検討してみてもいいかも。


~坐禅合コン~住職の言葉に期待度MAX!

坐禅を体験しながら出会いを求める「坐禅合コン」があると聞き、さっそく参戦しました。

この日の参加者は男性20人、女性22人でアラサー、アラフォー世代が半数以上。
“合コン”という響きから若者のイメージが強かったのですが、同年代も多くて一安心。千葉県や横浜などわりと遠方の方もチラホラいて、ひとり参加が多数でした。

緊張感が漂う中、まずは1対1でのトークタイムからスタート。目の前の相手と趣味や自己PRを記入したプロフィールカードを交換して1分ほど会話をします。時間になると男性がひとつ隣へずれてくれるので、全員の男性と話すことができました。
全員と話し終えるころには、隣同士や向かいの異性と話す声があちらこちらから聞こえてきて、空気が和んでいましたね。

そして、本堂へ移動して座布団に座り、まずは説法を傾聴。
「人の出会いは大事です。何事もご縁ですから、若い方たちがここでご縁に結ばれて幸せになっていくのはとてもうれしいこと」と語る住職の言葉に出会いの期待も高まるばかり。

いよいよ坐禅体験に入ります。「呼吸が乱れないように」など全身に意識を張り巡らせながら過ごす25分は思っていたより短く感じました。
静まり返った本堂で坐禅に没頭することで、穏やかですっきりとした気持ちに。
鐘が座禅の終了を告げたあとは、桜餅とお茶が出されてちょっと一息。
あぐらと思って油断していたけれど、足先は痺れ、ひざと太ももは痛くてしばらく動けませんでした。

まわりを見渡すとみんな似たような感じだったのでそっと胸をなでおろし、痺れが落ち着くのを待ってから2回目の交流タイム。
男女同数になるように6人くらいでグループを作り、すべての参加者と話せるように移動しながら1時間ほどフリートークを楽しみました。
「坐禅はじめて?」「足痛かったよね~」なんて同じ経験をしたからこその会話ができ、意外と盛り上がる!

ップリングはないものの、気になる相手へ渡せるメッセージカードをこっそり渡したり、連絡先を交換したりとそれぞれにアプローチをかけていました。
お昼頃に解散となったことも後押ししてか、ランチや近くのお寺めぐりに行くなどアフターを楽しんだ参加者もいたようです。

イベント参加者のブログより引用・編集

コンカツ編集部の

ワンポイント・アドバイス

座禅婚活、健全な出会いを求めている相手と出会えそうでとてもいいですね。ただ、座禅という共通の体験をしたとはいえ、あくまで個々人ばらばらに体験しているのと変わりません。仲を深めるためには、協同での経験が不可欠です。アフターに誘えるかどうかがカギになりそうですね。

20代の入会が増えているってホント!?イマドキの結婚相談所事情