婚活、結婚、恋愛なら総合情報サイト【コンカツ】

【すべて見せます】人気結婚相談所の体験談まとめ

気になる結婚相談所へ行ってみました

彼氏いない歴3年目に突入!
アラフォー崖っぷち女のわたくし「プチ子」が文字通り、体を張って気になる結婚相談所に行ってきました。

プチ子が結婚相談所に入会しようと思った理由

この歳になると、本当に出会いがありません(T_T)

自分で出会いを作るには、友だちの紹介とか婚活パーティーや婚活サイト、最近ではアプリなんかもありますが、それらに頼ったところで本当に結婚できるのか疑問が残りました。

そこで面倒くさがり屋のプチ子はあらゆる婚活のなかで、結婚できる可能性が最も高い方法を調べました。

つまり、一番手っ取り早く結婚できる方法を探したわけです。

その結果、「結婚相談所」がベストでした。

そのぶん、お金がかかることは承知のうえです。結婚できるなら、多少の出費なんて痛くありません!
とはいうものの、どこでもいいわけではなく、結婚相談所選びで重視したことがあります。

  • プチ子が40歳になるまでに結婚できるか
    ⇒のんびり婚活している時間はない!プチ子的にも、長期にわたる婚活はムリ。短期間でアラフォーが結婚できるか、1日でも早く成婚退会できるかが一番大事!
    そこでプチ子はすべての結婚相談所で「40歳までに結婚できますか?」とストレートに聞いてみました。
  • 恋愛迷子・プチ子が結婚できるまでサポートしてくれるか
    ⇒「紹介して終わり」だと困る。
    プチ子自身のこと、希望条件、結婚観などをきちんと把握してほしいし、婚活中のあらゆる悩み相談にのってほしい。
    そこでプチ子はすべての結婚相談所で「どんなことでも相談していいですか?」「サポート体制はどうなっていますか?」と聞いてみました。
  • プチ子が結婚したいと思える男性会員が在籍しているか
    ⇒いくらアラフォー崖っぷちだからと言って、誰でもいいわけではありません!
    決して、高望みをしているわけではないけれど、プチ子にも希望の条件があります。
    そこでプチ子はすべての結婚相談所で「年齢33~45歳・身長170センチ以上・年収500万円以上」の男性会員がどれくらいいるか聞いてみました

人気の結婚相談所に行ってみてわかったこと:その1

正直、「結婚相談所なんてどこも同じ」と思っていたプチ子ですが、無料カウンセリングを受けてわかったことが3つあります。

1:公式サイトや資料だけではわからないことが多い

ネットでチェックしていたので、なんとなく各結婚相談所の特徴、メリット・デメリットはわかっていたつもりでしたが、話を聞いて初めて知ったことも多かったです。

例えば、ノッツェはデータマッチング型の結婚相談所だと思っていたけど、実際はお見合いアシストコース(仲介サービス)を利用している会員が一番多いこと。 オーネットにはフォロー体制がないと思っていたけど、担当アドバイザーがつくこと。
ほかにも、休止制度や成婚料の有無、料金プランの違い、サービスのこだわりなど、直接聞いたから気づいたことがたくさんありました。

2:結婚相談所は競合調査をしていない

今回プチ子は大手結婚相談所6社まわりましたが、全社で「他にも検討している結婚相談所がある」と告げると、ほとんどの結婚相談所が、自社と比べて異なる点、自社の優れている点を教えてくれました(思いっきり他社を批判するところもありました)。

でも、事実と違う点が本当に多かったです。

結婚相談所は他社のサービスや活動状況について、最新情報を入手していないから、言われたことを鵜呑みにしないで、自分で確認する作業がとても大事。 できるだけ多く、正しい情報のなかから選びたいですからね。

3:自分に合う・合わない結婚相談所が明確になった

結婚相談所ごとにサービスの違いがわかってくると、自分にはどの方法が合っているか、どんなサポートを受けたいか、毎月いくらまでなら婚活に使えるか、そういったことがはっきりしてきました。

何を重視するかによって選び方は変わりますが、「お金がかかっても構わないから、30代のうちに結婚できるところ」を探しているプチ子は、サポート体制が充実しているところが合っていると判断しました。

ほとんどの結婚相談所が、成婚するまでにどういった活動をすればいいか、具体的なスケジュールを組み立ててくれるので、それらを参考にするのも効果的です。 ちなみにプチ子は「私と同い年で、1年以内に成婚した女性は、どんな活動をしていましたか?」と必ず聞くようにしました。
自分の婚活はイメージしづらいですが、第三者の成功事例を照らし合わせると、それが自分に合っているか判断しやすいと思います。

人気の結婚相談所に行ってみてわかったこと:その2

プチ子が行った結婚相談所の特徴を図にしてみました。

プランが複数ある結婚相談所もありますが、今回は30代女性をターゲットにしています。

結婚相談所にはデータマッチング型と仲介型がありますが、1ヶ月の紹介人数・サポート体制・成婚料の有無によってタイプ分けできると気づきました。

気になる相手に自分からコンタクトを取れる人には、データマッチング型の結婚相談所がおすすめ。

逆に、積極的に動けない人、プロのスタッフに自分にピッタリの相手を紹介してもらいたい人には、仲介型の結婚相談所がおすすめです。

「量(1ヶ月の紹介人数)で選ぶ」か「質(サポート体制)で選ぶ」か、がポイントです。

人気の結婚相談所に行ってみてわかったこと:その3

結婚相談所に行く前、プチ子は口コミサイトや体験談レポートなどを読み漁りました。

『あなたに紹介できる人はいないと言われた』『条件が厳し過ぎる(高望み)と言われた』『もっと条件を下げないと結婚できませんよと言われた』など、心ない口コミをたくさん見ていたので、プチ子もそんな厳しいことを言われたらどうしよう!とわずかに緊張していました。

結論から言うと、そんなひどいことを言う結婚相談所はひとつもありませんでした!

プチ子が「もう38なので厳しいですよね…」と言っても、

「確かに女性は年齢が1つ上がるごとに厳しくなりますが、プチ子さんと同い年で結婚されている女性はたくさんいますよ!」 (パートナーエージェント/ノッツェ/ツヴァイ/サンマリエ)

「うちの会員はプチ子さんの年齢が一番多いです。男性が20代女性を希望されたとしても、20代女性は30代前半くらいまでの男性しか対象に見ないので、結果的にプチ子さんと同世代の男性は同世代の女性を選ばれることが多いですよ!」 (IBJメンバーズ)

「年齢で絞るデータマッチングと違って、本当に相性のいい相手を紹介するので、年齢によるハンデはそれほど深刻に考えなくて大丈夫です!」 (パートナーエージェント/IBJメンバーズ/サンマリエ)

といった感じで、実際に成婚退会した会員データを見せてくれたり、1年成婚するためには何が必要かスケジュールを組み立ててくれたり、どこも納得できる説明でした。

あと、「わたしたちががんばるから、プチ子さんは婚活を楽しんで!」(ノッツェ/IBJメンバーズ)

「40歳までなんて言わないで、半年以内のプロポーズを狙いましょう!」(オーネット) と言ってくれたのも、心強かったです。

人気の結婚相談所には、支持を集める理由がちゃんとあるんですね。
少しでも気になる結婚相談所があったら、あれこれ自分で調べるより、直接話を聞きに行く方が得るものは多いですよ!

最後に

体験談はすべて、アラフォー崖っぷち女・プチ子が実際に体験して、感じたことを書いています。
年齢や立場によって、求める条件やサービスは変わるので、すべての人に最適な内容ではないかもしれません。

また今回、対応してくれた結婚相談所のスタッフさんがみんなとても親切だったのも、ラッキーでした。
同じ結婚相談所でも担当してくれる人との相性があるので、もしかしたら「ハズレ」の場合もあります。

あくまで、プチ子の体験談として読んでいただけるとうれしいです。

すべての体験レポートを読んでいただくと、プチ子が入会を決めた結婚相談所が分かっちゃうかも!?

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

結婚相談所の体験談を書いてもらいました

結婚相談所をいろいろと見てみた話を職場でしていたら、なんと、プチ子の周りの人も結婚相談所の体験に行ってきたみたい。コンカツ編集部のメンバーも、みんなやっと自分の婚活に目を向け始めたみたいね。せっかくだからと思って体験談を書いてもらうことにしちゃいました。プチ子とは違う視点でも結婚相談所を見ていて、結構新鮮かも。

のぞみ(アラサー)の結婚相談所体験談

バタ子(アラフィフ)の結婚相談所体験談

20代の入会が増えているってホント!?イマドキの結婚相談所事情