婚活、結婚、恋愛なら総合情報サイト【コンカツ】

53歳が若い!?中高年専門・エムズブライダルのここがすごい!

エムズブライダルの無料カウンセリングへ行ってみた!

バタ子(53歳)がエムズブライダルに興味をもった理由

コンカツ編集部・プチ子の先輩、バタ子です。アラフィフです。

結婚相談所なんて興味なかったのに、プチ子が婚活をはじめてからというもの、ランチのたびに「結婚相談所ってね~」「先週、お見合いした人はね~」としつこくて。

アラフィフでも入れる結婚相談所なんてあるのかしら?と検索したら、中高年向けの結婚相談所が出てきました。

いくつかサイトを見ていたら、「若い会員が中心の結婚相談所に、“大人”のあなたは満足できるでしょうか?」という一文が。それが、中高年の結婚に強いと評判のエムズブライダルでした。

「バタ子先輩、エムズブライダルは帝国ホテルのそばにあるんですよ!」とプチ子が教えてくれたので、「そんなところにあるなら一度行ってみようかな」と、重い腰を上げることにしました。

さっそく、資料請求してみました…が、届きませんでした

人生から「結婚」の二文字を消去して生きてきたから、無料相談なんてどうすればいいかわからない。
公式サイトから予約できるみたいだけど、ふつうはまず資料請求からするものなの?
とりあえず、無料カウンセリングを申し込んで、同時に資料請求もしてみました。

エムズブライダルの資料請求はこちら

無料カウンセリングの希望日を備考欄にいくつか入れておいたら、速攻で返信メールが入っていてビックリ!
結婚相談所って、どこもこんなに返信が早いのかしら?

それとは逆に、待てど暮らせど資料が送られてこない…
「まったくもうっ!」なんてと思っているうちに、無料カウンセリングの予約日が来てしまったのです。

初めての結婚相談所なのに、何の情報もないまま、手ぶらでエムズブライダルに行くことにしました。

いざ、無料相談へGO!

エムズブライダルは、地下鉄「日比谷駅」から徒歩3分くらいのところにあります。A4出口から日比谷シャンテや宝塚劇場の前を通って、帝国ホテルタワーの前まで、迷わず着くことができました。

“セレブしか入れません”というビルに一歩足を踏み入れると、右にシャネル、左にエスカーダ。その間を通り抜けると、吹き抜けになったロビー。
帝国ホテルの一部なだけあって、結婚相談所が入っているビルとは思えないゴージャスさです。

エムズブライダルの外観 エムズブライダル外観

公式サイトには、帝国ホテルタワー15Fだけで、部屋番号もなにも載っていない。メールの案内によれば、「ガードマンに『15階お願いします』といえば、開けてくれます」と書いてあった。
まるで、秘密の呪文みたい♥

ロビーを抜けると、ガードマンが!あの人に向かって、呪文を唱えればいいのね(ドキドキ)。

エムズブライダル・エントランス

ガードマンのおかげで、無事に15階へ着いたものの、オフィスがいくつも入っていて、エムズブライダルがどこにあるのかわからない。

結局、自力で見つけるのをあきらめ、電話を入れると、「受付ありますでしょ、突き当たりに。そこでエムズブライダルに来たと、受付の女性に伝えてください。そうしましたら、わたくしがすぐにうかがいますので」だって。
だったら、最初からメールに書いてくれたらよかったのに…

受付には女性が2人もいて、いくつかの会社や事務所の総合受付になっていました。「エムズブライダルに伺いました」と、口頭で伝えなくちゃいけないのが恥ずかしかった。内線にしてくれたらいいのに。

いくつかの難関を突破して、やっと中年紳士がやってきて、「お待たせしました、どうぞこちらへ」とオフィスまで案内してくれました。あー、ここまでホントに長かった。 

いよいよ、カウンセリングがスタート!

案内された部屋は、なんだかふつうの「社長室」みたいな感じ。

窓からは日比谷の街が見下ろせて、室内は明るい感じでしたが、ウエディングドレスを着たバービー人形や「M’s BRIDAL」のロゴをかたどった飾り以外は特徴がなく、イメージしていた結婚相談所とはかなり違った印象でした。

エムズブライダル・カウンセリング エムズブライダル・カウンセリング

しばらくすると、社長自ら、高そうなカップ&ソーサーに入れられたコーヒーを持ってきてくれて、バタ子と向き合うように座りました。
そこで初めて、「資料はご覧になりましたか?」と聞かれたため、「資料請求したのですが届いていません」と言うと、「それは申し訳ありませんでした。こちらをご覧いただければ」と会社概要が書かれた一枚のチラシと、うすーい小冊子をテーブルに置いて、静かに座って微笑んでいるだけ。

ええっ!?いきなり面談が始まるの?と、焦ったバタ子は思わず、「アンケートとか、なにか記入したりするものはないのでしょうか?」と聞いてしまいました。

以下、M社長とバタ子の会話です。

M:アンケートとか、カウンセリングシートといったものはございません

バ:そうなんですか。どの結婚相談所もだいたい最初にアンケート記入とか、個人情報の記入があると思っていたのですが…

M:エムズブライダルは入会前に公開していただく個人情報は、無料カウンセリングの申し込み時に記入していただいたもの(住所・氏名・電話番号・メールアドレス)のみです。ほかは何も必要ありませんよ

バ:そうなんですね…(拍子抜けするバタ子)

M:わたしどもはこの事業を16年間やっておりますから、少しお話すればどのような方なのか、わかってしまうものなのですよ。ですから、こうしてお話しすれば十分です

バ:では、特に入会審査のようなものもないわけですね?

M:そうですね。ところで、いまおいくつでらっしゃいますか?

バ:あれっ?まだ年齢もお伝えしていませんでしたっけ?

M:はい… そういったものも、特に記入する箇所はございませんでしたでしょう?なぜ結婚相談所に興味を持たれたのでしょうか?

バ:あぁ… 53歳です。これまで結婚なんてあきらめていたのですけど、ちょっと体調が悪い時期が続きまして。最近ニュースで孤独死とかよく聞くじゃないですか。だからいつまでも独りというのも不安だなぁ、と思うようになって。この年齢では難しいだろうと思っていたのですけど、サイトを拝見したら中高年向けのような感じだったので、一度お話を聞いてみようと思ったんです

ひらすら静かな口調でこちらの質問に答えるM社長。聞かれたのは、「どうして結婚相談所に興味を持ったのか」だけで、あとはひたすらバタ子が質問し続ける、というパターンで時間が過ぎていきました。

以下、バタ子が根性と気合いで聞き出した、エムズブライダルの情報です。

どんな男性会員がいるの?

・50代の独身男性がいちばん多い
・バツイチの会員もいる
・外国人も在籍している
・海外赴任をしている方で、日本に帰国した際にお見合いする会員もいる
・60代以降の会員もいる
・会社員だけでなく、会社役員や社長も多い
・日比谷や銀座を活動圏としているので、ハイクラスな会員が多い
・年収は1,000万円以上の方も多い
・50代で独りということに不安を感じ、パートナーを求めている

どんな女性会員がいるの?

・40代・50代の独身女性とバツイチの女性が半々くらい
・男性と比較すると再婚希望の女性が多い
・バツイチ子持ちの女性会員もいる
・銀座や有楽町近辺でお仕事をしているキャリアウーマンも多い
・都内在住の女性が多い

どんな女性が人気?

・40代・50代の独身女性
・40代・50代でバツイチの女性でも、子どもがいないほうが引き合いは多い
・こういう感じの女性がいい(容姿や体型など)というリクエストは個々にある
・一日も早く結婚したいという気持ちのある女性がいい
・東京都内、横浜など東京近郊に住んでいる女性がターゲット
・知的素養や教養のあるタイプの女性はモテる

婚活期間はどれくらい?

・もともと年齢もある程度いっているので、お見合いがうまくいけば早い
・平均するとお見合いから交際、結婚まで6~7ヶ月
・週に1組くらいのペースで成婚退会する会員がいる
・結婚の意志を確認した時点で退会となるため、1年以上になることは少ない

どのようなプランがあるの?

『スタンダードAプラン』『スタンダードBプラン』の2つしかない
・Aプランは初期費用100,000円、月会費が10,000円、お見合い料5,000円
・Bプランは初期費用200,000円、月会費が0円、お見合い料0円
・成婚料はともに200,000円
・Aプランは1年間を過ぎても月会費のみで活動を継続できる
・成婚料に関しては多くの場合、男性会員が女性会員の分も支払う

バタ子は最後の「成婚料は男性がまとめて払ってくれる」というところに、ピピッと反応してしまった!
だって、初期費用さえ支払えば、あとは月々10,000円でしょ?お見合い料だって5,000円なら安いほうみたいだし。しかも年収1,000万円以上の会員が多いと聞くと、さすがに心が揺れました。

本気で婚活に突入するかどうかはまだわからないけれど、アラフィフのバタ子だって男なら誰でもいい、ってわけじゃない。ここはもう少しねばって、いろいろ聞き出さなければとがんばりました。
その結果、40代、50代だからってあきらめる必要はない!ってことがわかりました。
つまり、中高年が集まる結婚相談所を選べば、イタイ思いをしなくて済むんです。

中高年の婚活事情~バタ子調査編~

誕生日直後に入会して活動開始すべし!
1歳でも若い年齢で婚活をスタートさせるべく、誕生日直後に入会したほうが婚活を有利に進められるのだそうです。バタ子も「○○月生まれです」と言ったら、「そうですか、それはよかったです。その年齢でプロフィールが作れますから」とM社長に言われました。

プロフィール写真は若くキレイに見えるものを使え
わざわざ新たに撮り直さなくても、数年前の「より若く、よりキレイに」見える写真をプロフィール写真に使うべき、とアドバイスされました。なるほど~、これも中高年あるあるかもしれません。

何歳になっても顔や容姿の好みで相手を選ぶ
アラ還になろうが、なんだろうが、男には女性に対して「こうあってほしい」という条件や好みがつきもの。逆に女性の側も自分はさておき「背の高い人じゃないと」などとリクエストをしてくるらしい。
むむっ、この歳でそんなリクエストを出すなんて強気ね。

同じアラフィフでも独身女性はダントツ人気
1位独身のアラフィフ・2位バツイチ子なし・3位バツイチ子持ちの順なのだとか。会社の役員や社長が多いから、相続とかそんな問題も絡んでくる可能性もあるから、ということでした。
お金があればあったで、面倒なこともたくさんありそう。

意外に独身の50代男性が多い
以前ネットで見たことがあるけど、50歳の時点で一度も結婚したことがない「生涯未婚率」というのがあって、東京は4人に1人が独身らしい。中高年向けの結婚相談所なんてバツイチばかりだと思っていたけど、もしかしたら独身イケメン社長が見つかるかも♥

バタ子は今まで、「どこに行けば独身のオトコがいるのよ!」と思っていましたが、どうやら探し場所を間違っていたみたい…

アラフィフが婚活して結婚できる可能性は限りなくゼロに近いと思っていたけど、「行くところに行けば、結婚できるかもしれない」と希望がもてるようになったし、「本気で婚活するなら、結婚相談所しかない」ということだけは確信しました。

カウンセリングを終えて ~バタ子のホンネ~

帝国ホテルの関連ビルなだけあって、立地は最高!ガードマンはもちろんのこと、受付にも人がいるので、セキュリティは万全です。

プチ子から聞いていた結婚相談所のイメージとは違いましたが、M社長(奥さんと交代で担当しているみたい)との相性さえ良ければ、このようなこじんまりとした結婚相談所が中高年の婚活には合っているかもしれません。

残念だったのは、会員の情報などが非公開で、具体的な話が聞けなかったこと。
「もったいぶるなよ~」と思っちゃいましたが、アラフィフ・バタ子の図々しさで聞き出した数々の情報から判断すると、「年収1,000万円以上、東京在住の50~60代男性」とお見合いできる確率はかなり高そう!

M社長いわく「バタ子さんみたいなタイプ(しっかり仕事をしていて銀座あたりに出没しそうな、独身アラフィフ)は、お見合いの引き合い、けっこうあると思いますよ!」ということだったので、最後はいい気持ちで無料カウンセリングを終えることができました。

ちなみに、エムズブライダルは営業メールや電話は一切しないそうで、無料カウンセリング後はメールも電話もまったくなし。
そういえば、「いついつまでに入会してくれれば…」みたいなクロージングもまったくありませんでした。

創設16年と歴史はあまり長くないですが、絶対の自信があるからなのか、ガツガツしたところなく、どこか余裕すら感じさせる対応だったように思います。
ほかの結婚相談所にも行ってみないと決断できないけど、バタ子の中ではかなり有力候補であることは間違いありません。

バタ子のエムズブライダルまとめ

こんな人に向いている

  • 40代以降で東京および東京近郊在住、銀座あたりを活動圏にしている人
  • 充実したシニアライフを過ごすパートナー探しをしている人
  • ハイクラスな異性とも価値観を合わせられる人
  • 何度もオフィスに相談に行くなど、コミュニケーションが図れる人

気になったところ

  1. M社長と一対一で向きえるかどうか、相性が合うかどうかで良し悪しが決まる
  2. 入会前に獲得できる情報が少ない
  3. 複数の候補と同時にお見合いすることができない(推奨していない)
    大手結婚相談所であれば担当を替えてもらえますが、個人経営の結婚相談所はつぶしがきかない。これは大きな不安材料だと思います。
    それから、エムズブライダルはひとつお見合いを設定すると、次のお見合いは原則設定しないそうです。希望があればしてくれるようですが、たくさんの人とお見合いしてから結婚を決めたいと思っている人は満足できないかもしれません。

バタ子のおすすめ度

入会から1年以内の成婚が叶いそうか
安心して活動できるサポート体制が整っているか
希望条件を満たす会員が在籍しているか

※実際に受けたカウンセリングを、53歳のバタ子基準で判断した結果です。

エムズブライダルの公式サイト

20代の入会が増えているってホント!?イマドキの結婚相談所事情