婚活、結婚、恋愛なら総合情報サイト【コンカツ】

【耳より情報】ノッツェなら、女性会員は選びたい放題ですって!

ノッツェの無料カウンセリングへ行ってみた!

プチ子がノッツェに興味をもった理由

40歳になるまでに結婚したいプチ子にとって、結婚相談所を選ぶとき一番重視したことが「本当に結婚できるかどうか」。結婚相談所に入ったからと言って、全員が結婚できるわけではないことくらい知っていたけれど、決して安くない料金を支払うのだから、ちゃんと結婚まで導いてくれないと困ります。

データマッチング型の結婚相談所より、専任スタッフがつく仲介型の結婚相談所の方が、成婚率も高いし、心強いと思っていたけれど、ノッツェは大手結婚相談所のなかで最も料金が安いのが気に入りました。

さっそく、資料請求してみました

ノッツェの公式サイトから資料請求をして3日後に届きました。

ノッツェは資料請求する際に、自分が希望する相手の条件(年齢・身長・学歴など)を入力できるようになっていて、その条件にマッチした会員の簡単プロフィールも同封されていました。

プチ子は、年齢33~45歳・身長170センチ以上・年収不問にしましたが、届いたプロフィールはみんな年収700万以上でした!ノッツェのなかでもスペックのいい会員データを載せてくれたんだと思います。

ノッツェから届いた資料

ノッツェの資料請求はこちら

資料には担当となるアドバイザーさんの名刺が入っていて、資料が届いてからというもの、そのアドバイザーさんから電話とメールがくるように。
特にメールはかなりの頻度で、「特別に優先的に紹介できる男性がいます」とか、「プチ子さんの条件に合う男性を5人選んでいるので、今すぐご覧いただけますよ」とか、魅力的なメールがほぼ毎日届きました。

休日にもらった電話で、カウンセリングの予約をしました。
そのときに「他にも気になっている結婚相談所があるから、比較してから決めたいと考えている」ことを伝えたら「カウンセリングを受けたからと言って、入会しないといけないわけではないのでご安心ください」と言われました。
事務的な感じが一切しない受け答えだったので、この時点でプチ子はノッツェに好印象をもちました。

いざ、無料相談へGO!

ノッツェは全国に支店を構えていますが、東京は新宿本店だけ(2016年5月現在)。
新宿駅西口を出て、動く歩道を進むと見えてくる、新宿センタービル44階に向かいました。

ノッツェ新宿本店入口

ガラス張りの入口から、タキシードとウェデクングドレスを着たマネキンが見えました。
受付で名前を告げると、すぐに奥のブースに通されました。
(この受付の方、タバコと香水の匂いがキツくて、匂いに敏感なプチ子は頭がクラクラしました)

ノッツェはとても広くて、パーテーションで区切られたブースがたくさん!
プチ子は平日の夕方に行きましたが、他のブースにも人がいて、あちこちから話し声が聞こえてきました。
「おぉ!活動している人がこんなにいるのか!」とパートナーエージェントに続き、ここでも感動。

約束の時間から遅れること10分。ようやく担当のアドバイザーさんが登場。
電話で話したイメージどおり、上品でやさしそうな50代の女性でした(ただ、この方も香水の匂いが!)

まず、カウンセリングの前にアンケートを記入するよう言われました。

ノッツェのカウンセリングブース アンケート用紙

アンケート用紙には、

  • パーソナル(名前・住所・家族構成・生年月日・出身地・身長・体重・最終学歴・職業など)
  • 飲酒量・喫煙・婚姻歴・居住(親所有・自己所有・賃貸・一戸建て・マンションなど)
  • 相手への希望(年齢・身長・学歴・職業・年収など)
  • 自己PR

などの項目がありました。
時間が足りなくて、すべての項目を埋められなかったけれど、特に問題はありませんでした。

いよいよ、カウンセリングがスタート!

ノッツェのサービスをどの程度知っているか聞かれて、あまりよく知らないことを伝えたら、とても丁寧に説明してくれました。

まず、大手結婚相談所のなかでノッツェは珍しく、女性会員より男性会員の方が多いこと。
つまり、女性は選びたい放題なんです!

会員の年齢層が幅広く、20代から80代の方まで積極的に活動されていること。
思わず、「え?80代!?」と言ってしまったプチ子に対して、アドバイザーさんは「いくつになっても人を好きになる気持ちは変わりませんからね」と言われました。確かに、そのとおりかも。

そして、事前に伝えておいたプチ子の希望条件(年齢33~45歳・身長170センチ以上・年収不問)にマッチした男性会員のなかから、本人の了承が得られた6人分のプロフィールをノッツェ会員が使っている実際の画面で見せてもらいました。

年齢・身長・血液型・職業・年収といった基本情報から、家族構成・婚姻歴・相手への希望条件・自己PRのメッセージなどが載っていました。
パートナーエージェントやツヴァイでは見ることができなかった顔写真も、バッチリ見ちゃいました!

ここだけの話、結婚相談所に入会する男性って、「彼女いない歴=年齢」だったり、非モテな感じだったり、ブサイクな人が多いのかな~なんて思っていましたが、私が見せてもらった方たちは、どうして独身なのか不思議なくらい「ふつう」でした!

「年収不問」と言ったのに、ここでも半分以上が年収1,000万オーバーでした。

ここがポイント!

ノッツェのプロフィール紹介には、「動画メッセージ」があります。
これはノッツェオリジナルのサービスで、基本的に会員登録した日にノッツェ店舗で撮影しているそうです。

強制ではなく、「希望者のみ撮影している」と言われましたが、プチ子はこのサービスの威力を体感しました。

婚活するうえで、写真はとても重要!写真の印象で、会う・会わないを決める人もいますしね。
でも、動画メッセージなら、写真よりもっと多くの情報を得ることができるんです!

プチ子は、プロフィール写真を見たときは「なんだか冷たそうな人だな」とあまりいい印象をもたなかった男性がいました。
ところが、その人の動画メッセージを見ると、笑顔が爽やか&声が超タイプだったのです♥

「動画メッセージなんて、どうせお決まりの自己PRでしょ」と甘く見ていた自分を反省しました。
話し方や声から受ける印象って、大きいんですね。

ノッツェで活動するなら、動画メッセージは絶対アップした方がいいと思いました!

パートナーエージェント同様、 『どうして、結婚相談所に入ろうと思われたのですか?』と聞かれたので、「40歳になるまでに結婚したいんです!」と言いました。

「会社に男性は少ないの?」と聞かれたので「男女半々くらいですけど、結婚したいと思える男性は皆無ですね~」とプチ子必殺・上から目線ではっきり答えました。

するとアドバイザーさんは「では、どんな男性と結婚したいですか?」とストレートに聞いてきました。

……プチ子、しばし絶句……

結婚したい気持ちはあるのに、どんな人と結婚したいか、きちんと考えたことがありませんでした!(お恥ずかしい!!)

以下、アドバイザーさんとプチ子の会話です。

ア:今まで結婚するタイミング、あったでしょう?

プ:はい… 2回ほど

ア:どうして結婚しなかったの?

プ:相手に不満はなかったし、つき合いも長かったので、この人と結婚するんだろうな~と思っていましたが、現実的に考えたとき「この人じゃない!」と思ってしまいました

ア:明確な理由があったわけではなく?

プ:はい。本能的にそう感じました

ア:「あの人と結婚しておけばよかった」と思うことはある?

プ:「あのとき結婚してたらどうなっていたかな~」と考えることはありますが、「あの人と結婚しておけばよかった」と思ったことは一度もありません

ア:それならよかった!
  プチ子さんは感情的に見えるけど、実際は物事を理論立てて考えるタイプだと思う。だから好き嫌いだけじゃなくて、ちゃんと納得しておつき合いできる相手と結婚したいんじゃないかしら?

プ:自分では、直観で動くタイプだと思っています
  でも、どこかで「恋愛と結婚は別」って思っているところがあるかもしれません

ア:それでいいのよ。その方が婚活はうまく行きますよ!

ア:では、今度はプチ子さんがNGだと思う男性について聞きますね
  「絶対に受け入れられないタイプ」はありますか?

プ:タバコを吸う人はダメです
  あと、私がまったくお酒を飲めないので、毎晩飲みたい人とも合わない気がします

ア:年齢はどうですか?年上・年下、どっちがいい?

プ:10歳以上の差はちょっとムリな気がします

ア:髪の毛の薄い人は?

プ:問題ありません!(むしろ好きです←心の声)

ア:太っている人は?

プ:問題ありません!(むしろ好きです←心の声)

ア:背の低い人は?

プ:自分より低い人はNGです

ア:離婚歴のある人は?

プ:離婚した理由によります

ア:相手のご両親と同居するのは?

プ:敷地2,000坪以上ならOKです

ア:……プチ子さん、ストライクゾーンが広いですね!
   お相手候補の男性、たくさんいらっしゃいますよ!!

わお!プチ子は初めて、自分のストライクゾーンが広いことを知りましたよ。 女性会員のなかには、「ハゲはイヤ」「バツイチはダメ」「イケメンでないとムリ」など細かくNG項目を挙げる人もいるそうです。

ここまで話して、少しずつ「結婚したい相手像」がクリアになってくるのを感じました。 そりゃプチ子だってイケメンは大好物ですが、それよりも疲れたときに家事をカバーしてくれたり、いっしょにいて居心地のいい人がいいなと思えたのです。

アドバイザーさんはプチ子の結婚観が掴めたタイミングで、プランの説明をしてくれました(このタイミングが実に絶妙でした!)

ノッツェには、主に『ベーシックコース』『お見合いアシストコース』の2プランがあります。 ベーシックコースは、PCやスマホを使って、いつでもどこでも婚活ができるネット検索サービス。 2人なら月々4,500円、5人なら9,000円、10人なら13,500円と、毎月の申込人数によって月会費が変わります。

お見合いアシストコースは、相手探しからお見合いまで、専任のカウンセラーがサポートしてくれるサービス。 月会費19,500円で、カウンセラーが毎月3~5人のお見合い相手を紹介してくれます。 もちろん、カウンセラーからの紹介だけでなく、ネット検索もできるので、毎月3人まで気になる相手に自分からお見合いを申し込むこともできます。

ここがポイント!

ノッツェは条件で相手を探すデータマッチング型の結婚相談所だと思っていましたが、「お見合いアシストコース」を利用している会員が一番多いことを初めて知りました。

このカウンセラーさんが凄腕ぞろいで、成婚率は40%を超えているそう!

カウンセラーさんが会員の性格や結婚観をきちんと把握したうえで、その条件を満たす相手を手配してくれるから、自分で条件検索するよりずっとカップルになる確率が高いんですって!

プチ子のように、早く確実に結婚したい人にはピッタリのサービスだと思いました。

ノッツェのプラン

カウンセリングを終えて ~プチ子のホンネ~

ノッツェは全国の仲人さんが加入している良縁ネットと業務提携しています。良縁ネットの会員は約3万人。ノッツェ会員になると、良縁ネットの会員も検索できるので、出会える人数が一気に増えるメリットがあります(別途、料金がかかる)。

実はそれほど期待していなかったプチ子でしたが、2時間半のカウンセリングを終えて、『プチ子に一番合っている結婚相談所はノッツェかもしれない!』と思えるほど、お見合いアシストコースは魅力的でした。

同時に、「料金が安い」というイメージも覆されましたが…

最後にアドバイザーさんがくれた一言。

―――結婚できるのは素敵な人ではなく、あきらめなかった人です―――

プチ子、この言葉を胸に、婚活がんばります!

プチ子のノッツェ(お見合いアシストコース)まとめ

こんな人に向いている

  • 専任カウンセラーに相談しながら、婚活を進めていきたい人
  • 自分ではどんな人がいいのか分からない・迷ってしまう人
  • 成婚料がかかってもいいから、1日でも早く結婚したい人
  • カウンセラーからの紹介だけでなく、自分でも相手検索したい人
  • データマッチング型の結婚相談所で結果がでなかった人

気になったところ

  1. カウンセラーとの相性によるところが大きい
    すべての仲介型結婚相談所に共通して言えるが、希望条件や結婚観をきちんと把握したうえで紹介してくれるか、質の高い出会いが叶うかどうかはカウンセラーの能力と相性による。
  2. お見合い料金がかかる
    気になる相手が見つかってお見合いが成立した場合、1回ごとに10,800円支払う必要がある。
  3. 会員情報提供料がかかる
    ノッツェは自分より後に入会した会員しか検索できない。自分より前に入会している会員を検索したい場合は、会員情報提供料78,000円(税別)を支払う必要がある。

プチ子のおすすめ度

入会から1年以内の成婚が叶いそうか
安心して活動できるサポート体制が整っているか
希望条件を満たす会員が在籍しているか

※実際に受けたカウンセリングを、38歳のプチ子基準で判断した結果です。

ノッツェの公式サイト

ノッツェの口コミを見る

20代の入会が増えているってホント!?イマドキの結婚相談所事情