婚活、結婚、恋愛なら総合情報サイト【コンカツ】

『恋愛結婚』できる結婚相談所はツヴァイだけって本当?

ツヴァイの無料カウンセリングへ行ってみた!

プチ子がツヴァイに興味をもった理由

「結婚相談所に入会しようかな」と考えたとき、プチ子が知っていたのはオーネットとツヴァイくらいでした。
オーネットは楽天グループ、ツヴァイはイオングループ、どちらも母体がしっかりしている大手の結婚相談所。
会員数が多いことも知っていたから、検討するうえで外せないと考えました。

さっそく、資料請求してみました

ツヴァイ公式サイトの『恋愛傾向診断』を受けて、3日後に届きました!

ツヴァイから届いた資料

ツヴァイの「恋愛傾向診断」はこちら

ツヴァイから届いた資料2

恋愛傾向診断という割に、恋愛に関することはあまり書かれていませんでした。
「明るいキャラクターで、まわりと上手に付き合えるあなたは、異性から告白されることが多く、積極的に理想の相手を探し求めているのではないでしょうか」と書いてあったけど、異性からたくさん告白されていたら彼氏いない歴3年なわけないし、積極的な性格なら結婚相談所に入会しないよね、と思っちゃいました。

それよりプチ子は「自己コントロール」と「社会的倫理観」が低すぎるのですが、人として大丈夫なのか、そっちの方が気になりましたよ。

他の結婚相談所は資料請求をするとすぐに「カウンセリングに来ませんか?」とお誘い電話がかかってきましたが、ツヴァイはお礼のメールが届いただけで、電話は一度もかかってきませんでした。

資料には担当となるマリッジコンサルタントさんの名刺が入っていて、資料到着2週間後に、マリッジコンサルタントさんから「無料コンサルティングにお越しになりませんか?」とメールをいただき、プチ子は都合のいい日を伝えました。

いざ、無料相談へGO!

ツヴァイは全国56ヶ所に支店があります(2016年5月現在)。
プチ子は自宅から一番近い、池袋支店に予約を入れました。
池袋駅東口の正面、1階に三菱東京UFJ銀行が入っているビルだったので迷わず到着!

ツヴァイ池袋支店の外観

ガラス張りのドアを開けると、壁一面に会員プロフィールが貼ってありました。
これは「PRボード」という出会いのひとつで、支店に寄った会員さんがここを見て、「いいな」と思える人がいたら、無料でお見合いを申し込むことができるそうです。

ツヴァイ池袋支店は、それほど広くなく、パーテーションで区切られたブースがいくつかありました。
プチ子は窓際のブースに案内され、受付の女性がアイスコーヒーをもってきてくれました。

パートナーエージェントやノッツェのときは、他のブースから話し声が聞こえてきたけれど、ツヴァイは「プチ子以外、誰もいないんじゃ…!?」と思うほど、他の人の声がまったく聞こえてきませんでした。
休日だったんだけどな… あと、省エネ対策なのか、照明も暗かったです。

予約時間ピッタリにメールでやりとりしていたマリッジコンサルタントさんが登場!
ベテラン感漂う、上品な50代女性でした。

ツヴァイのカウンセリングブース ツヴァイのブースに貼られている資料

いよいよ、カウンセリングがスタート!

パートナーエージェントとノッツェでは、席に着くなり記入するよう言われたアンケートが、ツヴァイにはなく、すぐ本題に入りました。

ツヴァイの無料コンサルティングでは、『マッチングシミュレーション』が受けられます。
これは、年収・職業・家族構成・年齢・身長・体型など、希望条件を入力すると、それを満たす会員が何人いて、そのうち両想いの人が何人いるかがわかるサービス。
実際にツヴァイ会員が使っている画面を見ながら、プチ子の希望を入力していきます。

ここでも、プチ子は「身長170センチ以上、年齢33~45歳、年収問わず」と言いましたが「年収問わずだとマッチする会員が多過ぎるから、設定した方がいい」とアドバイスをもらい、「500万円以上」にしました。
そのほか、「喫煙の習慣なし・飲酒は少し飲む・親との同居なし・血液型問わず」にしました。

結果、プチ子の条件にマッチした会員は2,000人超!

そのなかからプチ子と両想いになった会員は約350人!

プチ子は、もっと少ないと予想していたので、テンションが上がりました(イエーイ★)
これが、会員数32,000人を誇るツヴァイの強みですね。
言う間でもなく、女性は若ければ若いほど需要があるから、同じ条件でも20代なら両想いになる人数は倍くらいに増えると思います。

両想いになった会員さんのなかから、何人かのプロフィールも見せてもらいましたが、顔写真は見ることができませんでした…
ノッツェの無料カウンセリングでは、顔写真も動画プロフィールもチェックできたので、ここは消化不良でしたね。

ツヴァイには、出会いの方法がいくつかありますが、最も成婚につながっているのが『条件マッチング』『価値観マッチング』だそう。

条件マッチングは、希望条件と相性診断でマッチした相手の紹介状を毎月2人以上(年間72人以上)送ってもらえるサービス。紹介状を見て、自分も会いたいなと思ったら、コンタクトを申込みます。

ちなみに、2014年度データによると、成婚退会した会員の2人に1人が条件マッチングで出会っているそうです。

価値観マッチングは、ツヴァイ・オリジナルの診断テスト「愛・コンパス」の結果を元に、価値観が合う相手が見つかるサービス。

例えば、「外見にもこだわりたい。生き方は外見にもあらわれるものだと思う」という問いに「本当にそう思う/まぁそう思う/あまり思わない」など、5つから一番近い答えを選択していきます。
これを32問、5分以内に答えていくことで、その人のライフスタイルや人間関係のスタンスなどがわかるそうです。

プチ子も「愛・コンパス」を受けてみました。
これが、ふだん全然意識していないような問題ばかりで、5つのなかから選ぶだけなのに結構たいへんでした。
診断結果は、その場で教えてもらえます。

愛・コンパスの結果

プチ子の診断結果は以下のとおり。

  • 大らかで細かいことを気にしないタイプ(そのとおり!)
  • 自分の好みがしっかり確立しているから、妥協はむずかしいでしょう(そのとおり!)
  • 毎日、家族そろって食事することを大切にしたい(そのとおり!)
  • 恋愛や家庭生活を大切にしつつ、自分の時間ももちたいバランス感覚の持ち主(たぶん、そのとおり!)
  • 結婚後は家族を第一に考える(たぶん、そのとおり!)
  • 落ち着いたインテリアを好み、日本的感性を大切にする(残念…プチ子は帰国子女)

占いや診断テストといった類をあまり信じないプチ子ですが、これは結婚観を診断するものではなくて、「生活するうえで何を大切にするか」をわかりやすくしたものなので、受け入れやすかったです。

実際にツヴァイ会員になると、プロフィール画面に愛・コンパスの結果が表示され、自分と相手の結果を重ね合わせることによって、価値観の合う・合わないがわかるようになっているそうです。

価値観マッチングは、毎月3人までコンタクトを申込みできます。

ここがポイント!

ツヴァイは、希望条件から相手を絞っていくデータマッチング型の結婚相談所ですが、カウンセリング中、何度も「好きになった人と結婚したいでしょう?」と聞かれました。

マリッジコンサルタントさんは「どんなに条件のいい人でも、会いたいと思える相手でないと意味がない。それに結婚がゴールではなくて、結婚生活はずっと続くから、価値観の一致はとても大切。ツヴァイは『恋愛結婚』がテーマの結婚相談所だから、自分が好きになった人と結婚できるのよ」と言われました。

仲介型の結婚相談所は自分の代わりに専任スタッフが相手を探して紹介してくれるから、「条件と全然違う」「実際に会ってみたけど、興味がもてない」「私の希望をまるでわかっていない」と不満が溜まるケースがあります。

その点データマッチング型の結婚相談所は、自分で相手を探して、コンタクトを申し込むから、「希望と違う」「興味がもてない」ということはありません。

第三者のフィルターを通した相手探しではなく、自分で見つけた相手だから、自然と好きになれるし、恋愛結婚が叶うというのがツヴァイの魅力です。

カウンセリングを終えて ~プチ子のホンネ~

プチ子がまわった6社のなかで、カウンセリング時間が一番短かったツヴァイ。
決して事務的だったわけでなく、プチ子にとって必要な情報だけを選んで説明してくれたので、とても分かりやすかったです。

パートナーエージェント、ノッツェに続いて、ツヴァイは3社目でしたが、この時点でなんとなく、データマッチング型より仲介型の方が合っているように思い始めました。

ツヴァイの充実した出会いの方法は確かに魅力的ですが、それは自分から積極的にアプローチできることが前提の話で、プチ子のような恋愛迷子、どちらかというと受け身タイプには、少しハードルが高いように感じたから。

あと、マリッジコンサルタントさんはとても話しやすい人でしたが、プチ子が「他にも気になっている結婚相談所があるから、それらと比較して決めたい」と言ったのに、「今日のうちに、申込書だけ書いておきましょうか」と申込書をもってきて、プチ子が拒否しても、「他をまわって、もし別の相談所に決めたら、その申込書はわたくしが責任をもって破棄しますから、プチ子さんには何の損もありません。だから書いちゃいましょう!」と強引に勧める対応には、ちょっと引きました。

後日もっとハードな勧誘を受ける結婚相談所が現れることを、このときのプチ子は予想もしていませんでした。

プチ子のツヴァイまとめ

こんな人に向いている

  • 恋愛の延長線上に結婚があると思っている人
  • なるべくたくさんの人のなかから選びたい人
  • 気になる相手には自分からアプローチできる人
  • どんな人と結婚したいか、明確なビジョンをもっている人
  • できるだけ安い料金で利用できる結婚相談所を探している人
  • 成婚料のない結婚相談所を探している人

気になったところ

  1. サポートが受けられない
    サンマリエやパートナーエージェントのような一人ひとりに専任スタッフがつく仲介型とは違い、ツヴァイは条件検索がメインのデータマッチング型の結婚相談所。
    そのため、自分の活動状況を把握してくれるスタッフがいない。
    日比谷本店には、いつでも相談にのってくれるアドバイザーさんが常駐しているそうだが、それ以外の支店は予約・スケジュール調整しないと相談できないそう。
    婚活中の悩みは「今すぐ相談したい!」と思う場面が多いため、受けたいときにサポートが受けられないのは心細い。
  2. 活動スケジュールが不透明
    他の結婚相談所では、プチ子が30代のうちに結婚するには、どう取り組めばいいかスケジュールを立ててくれたが、ツヴァイにはそれがなかった。
    時間的に余裕のある20代ならいいが、タイムリミットがあるアラフォー女性にとって、見通しの立たない活動は少々不安。

プチ子のおすすめ度

入会から1年以内の成婚が叶いそうか
安心して活動できるサポート体制が整っているか
希望条件を満たす会員が在籍しているか

※実際に受けたカウンセリングを、38歳のプチ子基準で判断した結果です。

ツヴァイの公式サイト

ツヴァイの口コミを見る

20代の入会が増えているってホント!?イマドキの結婚相談所事情